これから中学受験を目指すご家庭にとって、塾選びの前に理解してほしいことがあります。それは、中学受験をクリアし私立中学や中高一貫教育に入学したお子さんたちの学力です。実際に中学受験を経て志望校に入学した中学生が高校に進学した時の成績と、公立中学から高校に進学した場合の成績を見ると、大きな差がついています。

もちろん公立中学出身のお子さんも、高校受験体制に入る2年後半から3年にかけてぐっと実力を伸ばしてくるのですが、数学などについては公立中学出身者と私立中学出身者では差が開くという結果が出てきています。小学校時代に中学受験に備えて基礎学力を徹底して学び、基礎学力を応用に活かし中学でさらにレベルの高い指導を受けます。

高校入学時には学力の差が開いているため、極端に難しくなる高校の勉強にもついていくことができ、余裕をもって学習できるという利点もあります。中学受験を経験する、そのレベルに達するという事は、公立中学出身者と学力においても勉強の方法についても、大きな差をつける事ができるのです。

中学受験は通過点です。その先、高校、大学受験が待っています。その時点で学力に悩むより、小学校から中学受験のための勉強を行い、余裕をもって中学、高校と勉強ができる方が先に行くほど楽になっていくという事がわかります。中学受験時に学力を磨くことは将来役立つことになるのです。

Comments closed.