現在行われている中学受験の問題を見ると、大人はみんなびっくりします。こんな問題が小学生相手に出題されるのか?と驚くのです。大人はすでに中学、高校、大学と高等教育を受けていますので、公式などを利用して解くことができますが、小学生ですから、小学生が指導を受ける算術で解かなくてはなりません。これはいよいよ大人では解けない問題です。

以前よりもずっと難しくなっているといわれる中学受験問題なので、より一層塾の必要性が高まるのです。小学校の勉強だけでは到底解くことができない問題が出題されます。以前は計算問題の複雑なもの、応用問題でも今ほど難解ではありませんでした。でも今は問題が難しいというよりも、塾などで指導を受けないと解くことができない問題なのです。

特に難関校と呼ばれる私立中学や御三家と呼ばれる超難関校などは国語力がないと問題すら理解できないような難題が出題されます。その上、算数の計算問題などはスピードと正確性が必要です。こういった中学受験で出題される問題は、小学校レベルの学力では到底解けない問題なのです。以前の中学受験とは違う、今はよりひねられた問題が多いという事を考慮し、志望校にそった指導を行ってくれる塾を選択し、中学受験に備えていくことが必要です。

Comments closed.