小学校の成績を上げるのはある程度しっかり自学を行い、予習復習をしておけばそれほど難しい事ではありません。私立小学校でレベルの高い教育の中、上位にいるお子さんは、なかなか成績アップとはいきませんが、公立小学校で中間くらいの成績なら極端に成績向上するのも夢ではありません。

中学受験を目指すお子さんたちが通う進学塾、特に大手進学塾では難関校合格を目指すお子さんたちが勉強しています。実はこの塾のクラスアップをすることがとても難しいのです。

クラス分けは入塾の際に行われるテストの成績で行われます。学力によってクラスが違うので、講師も違いますし、指導内容も違います。上のクラスになるほど指導内容も高度なものとなりますし、講師も指導レベルの高い講師が選ばれています。となると、出来る限り入塾テストで頑張って上のクラスに行く方が、より質の高い指導を受けられるという事になります。

入塾してから上のクラスに行く、ということがまた難しいのです。上のクラスのお子さんはそのクラスでレベルの高い教育を受けているため、どんどん難しい問題を解くようになります。でも下のクラスではそのレベルの問題を解いていないので、そこに追いつこうと頑張っても時間がかかります。上のクラスが必死に頑張っている以上、クラスアップする隙間がないのです。つまり、大手進学塾に入る前にある程度学力を上げておき、出来る限り上のクラスで入塾するということが重要となります。

Comments closed.