子供が多くゆとり教育になる前、いい高校に行き、いい大学に合格し、上場企業に入ることがステイタスといわれていた時代は、こぞって大手進学塾に通っていました。当時も、入塾テストがあり学力が高いお子さん以外入塾させないという塾も多かったです。塾のテストに落ちて泣きながら塾の入っているビルから出てくる・・・という子供をよく見かけたものです。

現在も大手進学塾で入塾テストが行われていますが、多くは落とすというよりも、クラス分けして学力に応じた指導を行っています。そのため塾に行くことができないという事はないのですが、入塾テストの際出来る限り上のクラスに入る事ができるようにしておくことが重要です。クラスによって講師も違えば、指導内容もレベルが全く違います。そのため、上のクラスで入塾し、クラスアップする必要のない状態で学習する方がより学力向上につながるのです。

そのため、大手進学塾に入塾するため塾に通う、家庭教師を付ける、個別指導を受けるというお子さんもいます。保護者が塾内でクラスアップする事の難しさを知っていれば、こうした塾前学習を行うのも当然です。大手進学塾に通うのは一般的に小学校4年生くらいからといわれていますので、この頃になったら入塾テスト用の指導を受けるために、別の塾、家庭教師等利用し学力を向上させておくといいでしょう。

Comments closed.