進学塾で上のクラスにクラスアップする事は重要です。できれば、入塾の際行う入塾テストにおいていい成績を取り、上のクラスに入っておくことが望ましいのですが、それがかなわない場合、難しいといわれる塾のクラスアップを考えなくてはなりません。

入塾の時点で上のクラスにいればその下のクラスに落ちるという事は、相当なレベルダウンがない限り考えられません。塾に入った時点で上のクラスぎりぎりの成績だとしても、中学受験を目指して塾に入ってきた子たちですから、それ以上下に落ちないよう頑張ります。上のクラスの中で少しでも成績を上げて志望校への合格率を高めたいと思っているのですから、そこに下のクラスから割って入るというのは難しいのです。

でも入塾時点で上のクラスに入る事ができなかったという場合、塾のテキストについて、予習と復習をとにかく徹底して行ってください。塾で習ったことを頭に入れる、塾でこれから習う部分をよく読み、自分なりに解釈しておくことで頭に入りやすくなります。塾でのクラスアップには自学がとても重要になります。

上のクラスではレベルの高い指導が行われています。この指導を受けると受けないでは、やはり中学受験に備えた準備に大きな差が出てしまうのです。自学をしっかり行い上のクラスに入る事をあきらめず頑張っていくことで自然と学力も向上していくでしょう。

Comments closed.