中学受験を早くから志しているご家庭では、小学校低学年のうちからお子さんを進学塾に通わせているという事も少なくありません。やはり低学年でも上のクラスで学習する事が求められますが、低学年という年代で塾の上のクラスにクラスアップするためには何が必要でしょう。

低学年では基礎学力をしっかり自分の身に着けるということがどの塾でも基本となっています。そのため、学校の授業、宿題はもちろんしっかり行い、自学時間を設け、勉強する癖をつけていく期間です。進学塾のクラスアップにもつながる自学の時間は、できれば保護者が傍にいる状態で行わせてください。

小さい頃から進学塾に通わせていると、保護者の中にはクラスが下でも塾へ行っているのだからという安心感があり、お子さんを塾任せにしてしまう事も少なくありません。でも低学年の年代では勉強する意味をよく把握していないこともあり、保護者が見ていないと学習しているようでしていないことも多いです。リビングなど目が届くところで塾のテキストの復習などをしっかり集中して行わせてください。

低学年の時代も、進学塾のクラス編成は重要です。やはり上のクラスは講師も指導内容も違います。上のクラスで指導を受けられるようにお子さんの自学の時間を共に過ごす努力をしてください。

Comments closed.