高学年で中学受験を控えて通う進学塾で、上のクラスにクラスアップするというのは容易ではありません。入塾の際のテストで出来る限り頑張ってランクが上のクラスに行く、という事が重要です。超難関校や有名私立中学に通うお子さんは、進学塾で上のクラスの指導を受けることが必須と、家庭教師や個別指導塾を利用し塾の為の前勉強をするくらいです。

進学塾で一番上のクラスにいるという事は、その塾の中の最高の指導を受けられるという事につながります。講師も経験も豊かでプロ意識が強く高い実績を持った講師が担当します。人気講師が行う指導は子供をしっかり惹きつける指導となっているため、ぐんぐん成績が伸びていくというお子さんも少なくありません。指導力の違いというのはとても大きく、特に、小学生、中学生世代は能力も体力も大きく伸びていく時代ですから、この時こそ、しっかりとレベルの高い教育を受けさせることが望ましいのです。

中学受験を目指すお子さんは塾でも必死になって勉強していますので、下のクラスに落ちてくるという事はそうありません。そのため、下のクラスで相応のテスト成績を持っていないと上のクラスには上がれないのです。個別学習塾や家庭教師などを利用してでも、上のクラスに上がる価値があるといわれる塾もあります。もっと高いレベルの指導を受けたいと考えているのなら、自宅学習と共に苦手科目克服を目指し、個別指導などを受けてみてもいいでしょう。

Comments closed.