中学受験に特化した進学塾などに行くと、小学校では全く目にすることのない問題を目にすることになります。国語や算数の問題も、その問題を理解するのが難しいと思われるほど複雑で難解な問題もあります。算数の問題を解くのに、高い国語力が必要とも言われているのです。

算数の問題を解く力も、国語の長文問題を解く力も、中学側は何を見たいのか、というと、お子さんの想像力を見たいのです。想像力があるお子さんは、これは解けないと思う問題でも、豊かな思考で様々な可能性を考え、想像力を発揮して自らの力で解くことができます。その力を持っているかどうか、想像力の芽をそのお子さんに感じるかどうかを、試験で見極めています。

そのため、想像力を養うという事が、中学受験に対応する成績向上力と考え、進学塾では想像力を発揮して解く問題を、志望校の受験動向に沿って出題し、その繰り返し練習を行う事で、中学受験に備えています。

特に大手進学塾では最近の中学受験の動向をつかむのが早いので、どの学校でどのような問題が出題される傾向にあるかを把握、データ化し、お子さんたちの指導に活かしています。想像力が豊かに問題を解く力をつけるためにも、進学塾のレベルの高い指導が重要になってきます。

Comments closed.