中学受験の進学塾に行くとこれが本当に小学校の問題なのかと思うくらいの、難しい問題を解いています。まだ小学生という年代で、非常に難解な問題に取り組む集中力、さすが、中学受験を志す子供たちがだと感心します。

入塾の際の入塾テストで学力によるクラス分けが行われるのが、一般的な中学受験に対応している進学塾です。このクラス分けで上に行くか下に行くかで講師も違う、指導内容も違うという事になるので、お子さんたちは塾の前に塾に行く、ということも行っています。

進学塾で子供たちが中学受験のために指導を受ける科目の中で一番多いのが、算数です。難関校以外の偏差値が割と低めの中学受験でも、こんな問題、小学生が解けるの?と思うような難解度です。塾に入ってすぐには戸惑いを見せるお子さんも、だんだんと塾での勉強に慣れていくことと、受験に出題される算数の問題にもなれていきます。

上のクラスでは非常に質の高い問題を解いていますので、特に算数は、上のクラスと下のクラスで大きな違いが出てきます。低学年から進学塾に通っている場合、中学年くらいには、算数だけでも上のクラスに行けるよう頑張りましょう。高学年になるとみんなが受験体制になるので、なかなか上のクラスに入り込むことができません。

Comments closed.