塾にもいろいろあり、大手進学塾もあれば地域に特化した塾もあります。通常、中学受験を目指すお子さんたちが通うのは、中学受験に特化したノウハウを持つ塾となるため、多くが、進学塾に通う事になります。塾の選択はとても大切な事となりますが、塾の指導内容の中で、中学受験間近になって過去問を繰り返し行う所もあります。

しかし過去問を繰り返し行うというのは、「自宅学習でも可能な事」です。中学受験を実施する各中学校の過去問は色々なところで入手できます。進学塾でももちろん入手できますが、中学受験のノウハウをしっかり持っているところでは、過去問をそのまま講義の中に取りいれるという事はせず、自宅で解く宿題などとして出しています。過去問を自宅で解いてみてその中でわからない点を講師に質問などして解いていく、塾の指導は過去問を解くのではなく、塾が独自に導き出したその年度の出題傾向に沿った問題を解いていく、という事が望ましいのです。

過去問は自学の中で繰り返し練習に利用し、塾ではその年度、出題される傾向が強い問題を中心に、中学受験に向かって理解を深めていくという事を行っている塾を選びましょう。過去問題についてはインターネット上でも入手できるので、自宅学習の際、大いに活用し、受験に出題される問題に慣れていきましょう。

Comments closed.