中学受験では多くのお子さんが進学塾を利用しますが、自分の学力にあった進学塾を選択する事が必要です。出来るだけ早い年代で、中学受験をめざし進学塾に通う事が望まれますが、小学校4年生くらいで進学塾を選択するという事なら、まず、お子さんの学力をしっかり把握し、得意不得意なども考慮しながら塾を探します。

進学塾によっては進み具合がかなり早いという所も多く、学習スピードについていけないというお子さんも出てきます。入塾してから成績が落ちていくようなら、お子さんの学習スピードと塾の学習スピードに差があり過ぎると考えられるので、塾を変える、個別指導型を選択する等、考えていくことが必要です。

大手進学塾の上のクラスになると、学習スピードが速く予習復習を行ってやっとついていくというお子さんもいます。スピードに徐々に慣れていけば、だんだん成績も上がっていくでしょうし、理解度も深まります。でも全くついていけないようだと、学力がそのレベルにあってもその先、わからないことが出てくる可能性も出てきます。そうならないように、保護者は塾のテストの結果などが落ちているようなら、塾の変更、指導方法の変更なども頭に入れておくといいでしょう。お子さんの事をしっかり理解していることが求められます。

Comments closed.