小学校高学年、特に6年生になれば、そろそろ志望校が絞れてくる時期です。完全に志望校を決定するのは6年生の秋までといわれていますが、なるべく早く志望校を絞り、その学校の受験傾向に合わせた学習が必要となります。

塾に関しては、まず合格率や指導内容、教育方針等を確認するために見学会や体験などを利用します。指導方法等が理解出来たら、お子さんが目指す志望校に沿った学習が取りいれられているかを確認しましょう。お子さんと塾の見学会などを済ませると、通常面接などが行われます。面接の際に、数校、志望校を選定しておき、講師とお話しをする時にこの学校に行きたいと志望しているけれど、実績があるかどうか、ノウハウがあるかどうかを確認しておきましょう。

インターネット上でも、塾のホームページに合格実績などが掲載されていますので、その点も確認し、お子さんの志望校合格率が高い、また同じくらいの偏差値の学校の合格率や実績が高いかどうか調べてみるといいでしょう。

中学受験では各学校で独自の試験が行われています。それぞれ特徴ある試験を行っているため、中学受験全体を通じて出題傾向にある問題と共に、独自に出題される問題も把握し、繰り返し解いていく中学受験に備えた額十が必要となります。

Comments closed.