中学受験でも超難関、御三家と呼ばれるような中学もあれば、偏差値がそれほど高くない中学もあります。中学受験をいくつの時に決定し、その準備に取り掛かるかによって違いがありますが、お子さんの能力を加味した塾選びを行う事が、お子さんにあった塾に入る大きなポイントとなります。

公立小学校で中くらいの成績であるのに、中学受験を実施する難関校への受験のため、無理してレベルの高い進学塾に入れることは間違っています。大手進学塾の場合、学力によるクラス編成がおこなわれていますので、どのクラスに入るかでお子さんの成績の伸びも違ってきます。

公立小学校でごく普通に勉強してきたお子さんが、私立小学校で公立よりも進みの早い勉強をしてきたお子さんについていけるわけがありません。集団型塾ならなおさら、質問できずわからないままに終わってしまうので、成績が伸びようもないのです。

大手進学塾に行く前に一般的な予習復習、基礎学力向上を目標にしている塾に通い、お子さんの基礎学力を上げてから、大手進学塾の入塾試験を受けるようにするなど、ある程度学力を上げてレベルの高い進学塾を考える方がお子さんにもストレスが少なく安心です。無理して大手進学塾に滑り込んでも、中でわからなくなってしまうのはお子さんです。学力レベルにあった塾を選びましょう。

Comments closed.