中学受験では難解な問題が出題されため、基礎学力はもちろんの事、思考力、想像力も豊かに問題を解く力がある事が求められます。そのため、各中学受験に沿った指導を行う塾では、基礎問題から応用問題まで、幅広い指導を行っていますが、特に、思考力、想像力を駆使しないと解けない、中学受験の特徴ともいわれる難解な問題の指導が中心となっています。

ただ最近の中学受験の傾向では、思考力等が必要となる難しい問題に加えて、正確な計算力を求める計算問題が数多く出題されるという事も話題になっています。応用問題は問題を読み説く力も必要となります。よく問題を読み理解し、自分の力で解かなくてはならないので、ある程度時間を要します。

でも計算問題も多数出題されているので、計算問題を正確にスピーディに解き、それからじっくり応用問題などに取り組んでいくことが必要となるのです。最近はこうした受験傾向を持つ学校が多くなっていることから、塾でも計算力を充実されるため、時間内に計算を正確にスピーディに解くという訓練も行っています。

ただし、塾によっては計算のスピードアップは自学の範囲で勉強を、という方針のところもありますので、応用問題が苦手というお子さんは塾で応用問題に対応する指導をしっかり受け、自宅で計算問題を時間内に解くという練習を行っていくといいでしょう。

Comments closed.