中学受験について早い段階から準備に着手するご家庭も多くなっています。最近は公立中学に行くよりも中学の段階でいい教育を受け、高校や大学受験で少しでも楽になるようにと考える保護者が多いのです。また国公立大学や有名私立大学への進学を希望されているご家庭で、中学受験をその先の受験の一環として捉え、低学年時から高度な教育を受けさせているという所も存在しています。

中学受験に備えた学習を低学年から行う事ができれば、低学年で身に着けておくべき基礎学力をしっかり指導してもらい、その先、高学年になった時、中学受験に備えた学習にすんなり移行できるようにしていくのです。早めにこうした行動をとっておくと、先々、お子さんが楽になると考える保護者が多くなっています。

高学年時になると、小学校の授業、予習復習、宿題に加えて、中学受験に特化した学習が必要となります。進学塾でもレベルの高い指導を受けることが望まれますが、自宅でも、塾のテキストの予習復習、過去問題の繰り返し学習、時間内に計算問題を正確にスピーディに解く練習、面接の練習など、行う事がたくさんあります。

低学年から高学年にかけて、基礎学力を前倒しで受けて中学受験を考慮した学習を、高学年になってからゆっくりできるようにと考慮している私立小学校などもあります。ただ公立の場合、こうした配慮がないので、高学年時に中学受験の学習に没頭できるような基礎学力づくりを、低学年時からしっかり行っておくべきです。

Comments closed.