小学校の成績がバツグンで、常に学校で上位にいるというお子さん、素晴らしいです。保護者としても将来有望だと感じるでしょう。このまま公立中学に行くのではなく、せっかくいい成績を持っているのだから、中学受験を実施しているレベルの高い学校に行くことにしようと、進学塾に入塾するご家庭もありますが、そこで、保護者はきっとびっくりされます。

小学校で上位成績を持っていても、進学塾に入ると上のクラスどころかその下のクラスに入ってしまった、という事も少なくありません。中学受験を低学年時から目指しているお子さんたちはすでに進学塾で学習されている子も少なくありませんし、私立小学校から中学受験に向けて学習しているお子さんも多いのです。公立小学校と私立小学校では指導のスピード、内容ともに違うため、学力差が大きく出ることもあります。

小学校で上位でも大手進学塾に入ったらごく普通の成績、ということも少なくありません。小学校で一番だからと侮っていると、塾に入った時点で鼻をくじかれることになります。中学受験は思いついて出来る事ではありません。準備に長い時間が必要ですし、子供も保護者もそれなりの覚悟をもって挑まなければならないのです。まずは、進学塾で上位に食い込むことをめざし、自学、学校の授業共に頑張っていくことが大切です。

Comments closed.