進学塾に入れば、この先、中学受験で難関校受験を考慮していても、きっと大丈夫、もう安心なんて思っている保護者がいたらそれは大間違いです。中学受験に成功し、難関中学に合格したお子さんをお持ちのご家庭では、ご家族全員がバックアップ体制で挑み、自学に、塾に、学校の勉強にと、努力を積み重ねてきています。

近所、親類などに中学受験を経験したお子さんがいると、中学受験の大変さをよく理解されていますし、どの塾がいい、どういう学習方法がいいと伝授してくれますが、身近にそういう人がいない場合、どんな方法で学習すればいいのか、どの塾がいいのか、まずはその情報収集が必要です。

塾に入る前に、学力によるクラス編成がある事、上のクラスに行く方が講師も指導力がありレベルの高い講義を受ける事ができる事なども理解しておくべきです。なぜなら、入塾試験で学力レベルが低いと判断され、下のクラスになると、質の高い授業を受ける事ができる上のクラスに上がる事が至難の業といわれているからです。

クラスアップする事が難しいという事は、やはり中学受験の塾に対する情報もしっかり集め、お子さんが入塾時にそれなりの学力を備えておくという準備が重要になってきます。上のクラスで高いレベルの指導を受けることはとても大切なことです。お子さんが中学受験まで質の高い教育が受けられるように、保護者は、中学受験情報と共に、中学受験に特化した塾情報も手に入れておくべきです。

Comments closed.